関税と関税撤廃のメリットとデメリット

何のために関税が設けられているの?

関税とは、実際には複合的な要素が絡み合うので一言で言い表すことは難しいものがありますが、あえて単純化するなら輸入品を対象とした税金の一種であり、消費税や住民税と同じく国に対して支払う税金で、外国から日本に物を輸入する場合、日本に関税を納め、日本から外国に物を輸出する場合は、外国に対して納めることになるというのが基本的な仕組みです。

このような仕組みを持つ関税が設けられている理由は、主たるものに自国産業の保護という公的なものが挙げることができ、副なる目的として、貿易不均衡による黒字と赤字の是正、対立した国同士の牽制を目的としての制裁関税としての利用などが挙げられ、主目的はもちろんのこと、副目的においても重要な役割を果たす税制となっています。

海外通販にも関税が課される理由

海外サイトの利用や海外の商品を個人輸入した場合、関税が課されるのは、関税の副たる目的である貿易の均衡や政治的な側面からではなく、関税の主目的である自国産業保護の面からのもので、その目的は通常の関税と変わらず、自国産業の保護にあります。

自国産業を保護する目的は明白で、国内における各産業の自給率が低下することは他国への依存度の上昇に直結し、輸入依存度の高い国が選挙等で指導者が変わり、外交方針が変じるなどの政変が生じて外交方針が変わった際に国全体が被るダメージが高まるからに他なりません。

自国だけで国を維持する最低限の産業体力を維持することこそが関税の目的である以上、海外サイトを利用しての海外製品の購入であれ、海外製品の個人輸入であれ、関税の対象となることは当然なのです。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c